#10 ダイエットに糖質制限は必要?

ダイエットに必須のように言われる事の多い糖質制限ですが、本当に有効で必要なんでしょうか?
今回は糖質制限について解説していきます。

過度な糖質制限は必要ない

糖質制限はあまり必要ないかもしれません。
その理由を解説します。

糖質制限食は万能ではない

2014年に糖質制限食(低糖質食)に関するメタ解析結果が報告されています。
このメタ解析で、糖質制限食と一般的な健康食では体重減少効果に差はないとされています。
ここから考えると、過度に糖質を制限する必要がないことがわかると思います。
引用元 https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0100652

糖質も脂質も大切なエネルギー

身体作りの材料はタンパク質です。
身体を動かすエネルギーは糖質と脂質で、どちらも欠かすことはよくありません。
特に悪者にされがちな糖質は脂質よりも単位時間あたりのエネルギー産出能力が高く、また糖質が枯渇する事によりフルマラソン等ある強度以上の運動が継続できなくなることが多いです。
簡単に言うと脂質よりも比較的早くエネルギーになりやすいと言う事です。

ダイエットに食事制限は必要ないのか?

過度な糖質制限は必要ありませんが、食事はダイエットにおいて最も重要になります

必要なのは制限ではなく改善

三大栄養素とは、タンパク質・脂質そして炭水化物(糖質)です
それぞれの役割や重要性については、先程の解説で分かって頂けたと思います。
ダイエットに必要なのは過度な制限でなく改善で、全ての栄養素のバランスを考え満遍なく摂取することが大切です。
一般的に健康食と言われるものを食べるようにしてください!

カロリー設定の方法

消費カロリーより−200Kcal〜−400Kcalを意識して摂取しましょう。
そのためまずは、自分の消費カロリーと摂取カロリーを調べましょう!
消費カロリーはネットですぐに調べることができます。
摂取カロリーは少しめんどくさいですが、アプリ等で記録してみてください。
トレーナーの経験としては、ここをしっかりされるお客様はダイエットに成功している印象です。

腹何分かで把握する

ゆるいダイエットや行いやすいものとして、お腹の膨れ具合を覚えておき翌日以降の体重の変化と照らし合わせます。
大幅に増えていれば少し量を抑えることを考え、減っていればそれを継続するという方法です。
大まかな方法なので効果は緩いかもしれませんが、健康に関して言えばかなり重要だと思います。

どちらの方法も毎日の数字に一喜一憂せず、1週間の平均で見て判断するようにしましょう!

まとめ

特別な理由がない限り糖質制限は特に必要ないと思います。
何かを制限するのではなく、食事全体を見直し改善してください。
ちなみに僕は意識的に糖質制限を行わず(3食しっかり白米食べて)、4ヶ月で−10kgを達成できました!
白米大好きな僕にも出来たので、皆さんもできる思います!
糖質制限を否定はしませんが、行う場合は過度になりすぎないように注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です